COLUMN特集

2024.02.09繊維産業 浜松注染そめとは?

浜松注染そめとは、型ぞめの一つで、明治時代に始まった日本独自の染色方法です。
長い布を折り重ね、型紙を使い特別なのりをつけて染めます。
やかんと呼ばれるジョウロのような道具を使い、染料を注いで染めることから「注染」という名前が付きました。
表裏がなく、たくさんの色を使え、美しいぼかしが特徴です。
浜松では明治20年代から手ぬぐいを染める方法として使われ、大正時代になると浴衣も染められるようになりました。
浜松は、東京や大阪と並び、注染浴衣の産地として知られています。

<浜松市内の事業者のご紹介>
 株式会社二橋染工場 https://www.nihashi-tinta.co.jp/
 和田染工有限会社  https://www.hamamatsuchusen.com/
 武藤染工株式会社  https://mutosenko.co.jp/
 株式会社曳馬染工場 https://www.instagram.com/hikuma_senkoujou/